フラット35という名前の住宅ローンとは?

フラット35という名前の住宅ローンフラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様厳しい審査が待っています。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はフラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
これは、その住宅が将来価値が出るかどうか、担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
住宅ローンの金利は大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。
住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。
申し込みは銀行や信用金庫で行っています。
申し込みの際には、様々な資料が必要になります。
35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。
なので、申込をすれば確実に通る。
といった様な簡単なものではありません。
通過しなかったケースも多々あります。
基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が一つのラインと言われています。
マイホームを購入する際は頭金が必要です。
頭金が0円でもOK!という広告も目にしますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。
しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。
月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

http://xn--35-9i4aua7d9fs40x1owg.skr.jp/