6月の誕生石の淡水パールもパワーストーンの一種?

淡水パールは真珠の一種です。
6月の誕生石でもあり、本真珠と比べて手軽に入手できる印象があります。
本真珠との違いは、その成り立ちです。
本真珠が鮑玉やアコヤ貝といった海水性の貝から創られているのに対し、淡水パールはイケチョウガイやカラスガイといった淡水性の貝から創られています。
そのほとんどが養殖によって創られています。
また、養殖の際に核を挿入しないことから、本真珠のような球状にはならず、様々な形状、色合いのものができることも大きな相違点です。
パワーストーンとして親しまれているのはその色合いや形の美しさだけではなく、石の持つ意味も大きく影響しています。
パールには、守護パワーが強く、ストレスなどの疲れを癒す効果があると言われています。
古くから冠婚葬祭で身につける宝石として親しまれているのも、ネガティブなエネルギーを退けて身を守ると伝わっているからに他なりません。
癒しと忍耐力を授け、負のエネルギーから身を守ってくれるパワーストーンとして身につけたい、素敵な宝石です。
淡水パール意味とは?手入れの方法や選び方【石の効果】