住宅ローンの借り換えにおける注意点は?

住宅ローンの金利は、金融機関によって異なります。
かなりの低金利の金融機関もあれば、高い金利に設定している金融機関もあるのです。
住宅ローンは返済に長期間かかるうえ借り入れ金額もかなり多額です。
そのためわずか1%の金利の違いでも、支払う利息の額はかなり違ってきます。
たとえば3000万円を35年返済で借りた場合、金利が1%だと35年分の利息は約1000万円です。
金利が2%だと、2000万円以上になります。
ですから住宅ローンは、できるだけ金利の低い金融機関で組んだ方が良いのです。
また返済の途中で金利の低い金融機関で借り換えをおこなうこともできます。
そうすることで、その後支払う利息を少なくすることができます。
ただし注意点もあります。
金融機関によっては、借り換えをすることによって発生する手数料がかなりかかるのです。
仮に借り換えによって利息の負担が200万円減ったとしても、手数料に300万円かかってしまっては、かえって負担が増えてしまいます。
ですから事前に諸経費がいくらかかるかを、しっかりと調べておくことが必要です。