「カードローンの審査が通らない」って経験ある?

定職に就き、少ないながらも安定した収入があるにもかかわらず、カードローンの審査が通らないという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。
その原因として考えられるのが、貸金業法の総量規制です。
総量規制とは、個人の借入総額が、原則として年収等の3分の1までに制限される仕組みをいいます。
消費者金融のカードローンの借り入れ枠が年収等の3分の1になっていれば、実際に借り入れをしていなくても審査は通りません。

銀行系のカードローンは総量規制の対象外ですが、複数の消費者金融会社から借り入れがあるとなかなか、審査が通らないようです。
できるだけ、多くの借り入れをしたいのであれば、まず銀行系のカードで借りるのがベターです。
銀行系の場合は、総量規制の対象になりませんので、その後にお金が必要になった場合には、消費者金融で総量規制の枠まで新たに借り入れをすることができます。
なるべく借りないことが一番ですが、お金が必要なときは借りざるをえません。
「審査がとおらない」ということを避けるためにも、まずは銀行系のカードで借りることをお薦めします。